S・KとT・Mの交信〜教員・Nへの不平をボールに乗せて〜

「T・M、上五球で僕と代謝。こういう剛腕児、どうにかして」
「ヘイヘイ」
 S・Kは一度火が引っ付くとどうも止まらないクオリティらしき。
「S・K、撤回。マサと代謝」
 僕はグローブを外してT・Mに引き取りた。左は真っ赤に腫れ上がっていた。
「アイツの球は平凡じゃない。一球一球目を逸らすな」
 僕が助言するも、T・Mは周囲でその球速を体感していたせいでドキドキから洗いざらいと形相が強張っていらっしゃる。
「私のポイントより意識ゆっくり投げてあげてね」
 僕は呼ぶように言った。
 S・Kはグラブを高所にかざして掛かる。通じただろうか。
 S・Kは球速を食い止めるも、前もってT・Mの見落としが際立つ。
「T・M、右側も使ったほうがいいよ」
「うるせーな。分かってるよ、そのぐらい」
 さほどT・Mはは負けず嫌いだった。
「T・M。勉学はどうしてよ?僕ところは昨今、農作業でくたびれ果てたよ」
「勉学は円滑です。畑は、今や慣れたか?」
 普段、面白敬語ばかり用いるS・Kのタメ口には違和感があった。そう言えばこういう二人、同い年だったか。
 僕には、二人が仲良くやってくれているのは好ましい誤算でもあった。そういった微笑ましいやりとりは日没まで続いた。http://www.mobileappsinaflash.com/5万円借りたいなら諭吉君.html

少ない大横綱九重親方(千代の富士)が亡くなった

近ごろファンタジスタの落命が多い。
大橋巨泉、永六輔、中村博子さん。
悔しいやつが亡くなっていく。
九重親方も7月3一年中になくなったと。
横綱千金の富士はウルフと言われ、スゴイ強さを発揮した。
その偉業も偉大であった。
なんでも膵臓がんだったとか。
貴乃花も若々しいころに、手早く上がってこいと言われたとか。
当時は雲の上のやつだったと。
その太い胸にこわごわ心中でぶつかっていうのを思い出すとか。
優しい申し立てもかけていただいて感激したとか。

またもとモンゴルの横綱昼前青龍もかなしいかな、悲しいかなと嘆いていた。
角界の多くの人がその死を悲しんでいた。
過日北の海が亡くなったばかりですのに。
激しいやつが次から次へとなくなって行く。
相撲受けとりは早や死に始める人が多い。
予め無理に食べさせて無理に肥やすのが五臓六腑に担当を生じさせているのかも。
しかしよほど凄い動きをしているのに、なぜなのだろう。
そんなに難しい競技なのだろうか。

近ごろは60歳を超えてきた発想があるが、皆長寿やるものだ。カードローン 金利 計算