リサイクルわが家を面白くリフォーム!DIYの奴隷だ!

本年、夢だった大きな庭付きの住まいを購入しました!ユーズドアパートですが、自分でリフォームや、ガーデン構成を楽しんでいます!
わたくしは、DIYの極めての初心者だ。効果乗員って何?っていうくらいの初心者だ。ですが、費用もあまり掛けたくはありませんでしたし、手作りした方が思い入れもあると思ってDIYを楽しんでいます。
最近やる運営はガーデンに幼子が転落しないように木製のフェンスを取り付けている。
自分で板を買って来て、ペンキを塗って遮断壁面に取り付けていきます。想像していた以上にかなりハードでペンキ塗りの時点で団体に依頼したらいくらだろう?など考えてしまいます…
ですが、取り敢えず少しずつ出来上がってくると面白いんです!もはや止まらないって感じでどんどん作業している。
何よりも一家がステキ!と言って受け取るとはたして有難くなってしまうのです。
単純な住まい男性となってしまっていますが、ようやくウッドデッキを作ったり、屋内のペンキを塗ったりしようと何だかんだ考え中だ。 DIYにハマる人は必ずや多いと思います。

知らなかった、ある業界の知られざる飽和状況

今日もネットのポータルサイトを見ています。
最初はボーっと見ていたのですが、ある記事に注目、見入っています。
「これから数年はコンビニ各店に投合・再編の見通し」だそうです。
そうなのかー、今後もまだまだ変化の多い業界のようです。

ふと、ある記事内の記述が目につきました。
「ファミマとサークルKサンクスの大投合に、競合の各店は危機感」
どうしてでしょうか?
日本国内では、どのコンビニも経営に困っていなさそうです。
少なくとも素人には、そう見えます。

ですが別の記事を見て、わかりました。
「セブンイレブン、“コンビニ市場飽和”に次の一手は」
記事によると、日本国内のコンビニ市場は飽和状態に近いそうです。
言われてみれば、たしかに街中のあらゆる場所にコンビニがあります。
地域によっては乱立状態です。

消費者の立場で見ると、これは良いことです。
あらゆる場所にコンビニがある、この便利さの恩恵は多大です。
ですが経営者の視点で見ると、これは困ったことです。
市場の飽和に伴う、競合店の競争激化が深刻な問題だからです。
既に店舗間の競争激化が大問題とのこと、これは深刻です。

こんな状況では、どうすればよいのでしょうか?
他人事なのに、深刻に考えてしまいます。背中 うなじ 脱毛