梅雨が明けていきなりの猛暑幕開けでボディが変になっちゃいます

何となく先ごろまで東北のウエザーは、雨続きだったり、昼間暑いと思えば朝夕は涼しくなったりで、一刻も速い本格的な夏場の出番を心待ちにしていたのに、本当に梅雨が明けてみたら、暑いなんてものではないくらいの猛暑がやってきました。誠に人物は我儘な生物かと自問自答しつつも、暑いものは暑いのですからずいぶん仕方ありませんよね(苦笑い)。
夜は寝苦しい、日中はお人肌に仇敵と至るUVを気にしながらの買い出しといいことまったく無しだ。夏場らしきといえば夏場らしいのですが、神もしばし均衡の良いウェザーを贈呈してくれたらいいのにと切に思ってしまう。
おかげで老化に向き合う私の体調は、出先温についていけずグロッキー概況。旦那もスタミナをつけようとレバーや焼き肉を食する結果外食に連れて行ってくれますが、こんなお日様がしばし続いたら完全に参ってしまう。
また、建物ではプランターで夏場野菜も生育していますので、水やりを怠ると一日でトマトやナスがまずい状態に。
私も含め、何より年寄りの人間は一心不乱症に満載気を付けてこういう猛暑を乗り切りましょうね。http://indexmasher.com/ginkou/ufj-cardloan.html