失われたライフに代わるお便りというニックネームの墓標の予行で

私の事務所も災害当時は大混乱の構図を呈していた。
夕刊の文字は急ピッチで取り替えられ、街頭でニュースを配ったのを今でも恰も昨日の現象のように思い起こす。
それでも尚、直接的に損を受けたり危険を味わったパーソンにしか思い付か生身の気掛かりと修羅場というものがあったことには隔たりない。
「このような大事なものを……」
文の定義が遺書と分かった前、あたしは見分けるに耐えられなくなった。いったいなぜ、自分だけが掴むことを許されたのだろうか。
「お上に詫びられたよ。上出来方には見せてやってくれとね」
あくまでもそれは父親の本意ではなかったようだ。
「この度は……貴重なものを拝見させていただきまして、ありがとう」
あたしは、全く他人の墓を掘り起こしてしまったような気分だった。
今一度、あたしは実の兄の形見を手渡されたときのようにレターの中に収めて元あった状態に戻し、今となっては存命を果たした唯一無二の弟でも起こる採用担当者に粛々と詫びた。http://www.fonfix.co/