マキシマリストと同居始めるミニマリストの私

座敷に、彼氏の作品が大量にある。
着物、マンガ、図書、人形。ウォークインクローゼットの当事者も。
ぜんぶ、勝手に持ってきたものだ。きらい。
とにかく結婚するだしよっしゃと効くながら、荷置きにされてしまった私の座敷。
もう一度座敷は満杯。早く持って行ってもらわないと。
最初は、今期同居する予定だったから、我慢してたけど、今は、人形の買物が多すぎて
自分ちに入らないからといって、私の在宅に入れる。無秩序奴です。
彼氏の物欲と金銭想いは、異常だと想う。
私の物欲のなさと、金銭想いのなさも、異常だけれど。
でも、彼氏にひっぱられて、肝要の報酬が伸びたのは事例。
彼氏が手厳しくボクをしつけてくれるから、報酬がこれだけ伸びたのだ。
私一人だったら、未だに窮乏だった筈。
小遣いを持つようになって、お金ツキがあがったのは、彼氏の賜物。
それまで、小遣いの態度なんて、ケチケチすることしか考えてなかった。
その代わり、外食にはお金を使うなど、金遣いのおかしさがボクだった。アメックス審査基準